サッカー

【FIFA ワールド杯】「男子サッカーワールドカップ」と「女子サッカーワールドカップ」の仕組み

どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。

 

4年に一度のサッカーの祭典『FIFA ワールド杯』
男子サッカーにも、女子サッカーにもワールドカップがあるのをご存知でしょうか?

このページでは、「男子サッカーワールドカップ」と「女子サッカーワールドカップ」の仕組みについて、わかりやすく解説していきます。

男子サッカーワールドカップ:予選について

<FIFAワールドカップの仕組み>

予選大会は、本大会前に各地区ごとに1〜2年間かけて行われ、地区によっては1次、2次、最終予選の段階に分けられる。

最終的には「プレーオフ」や「大陸間プレーオフ」が行われ、全ての出場国が決まる。

現在のルールでは、本大会に進めるのは32か国。全出場国が決まってから、開催国で各グループリーグの抽選会が行われる。

Wikipediaより)

 

本戦に進むには数多くの試合をこなし、予選を勝ち抜いていかなくてはなりません。

 

日本が参加する「アジア地区」の予選

<ワールドカップアジア予選の仕組み>

日本が属している「ワールドカップ アジア予選」では、3~4次予選で本戦出場権をかけて戦います。

 

アジア1次予選

<アジア一次予選の仕組み>

1次予選(日本は不参加):1次予選から参加する国と地域は、FIFAランキングによって定められています。

ランク上の「ポット1」とランク下の「ポット2」の12チーム2組(6チーム×2グループ)に分け、『ホーム&アウェイ方式』で対戦を行います。各グループの勝利国1カ国(×2)が【2次予選】に進出します。

【ホーム&アウェイ方式】サッカーの「リーグ」や「大会」における試合の仕組み【ホームアンドアウェイ方式】サッカーのリーグ戦や大会に使われる「ホーム&アウェイ方式」。ややこしいその仕組を、表も使ってわかりやすく解説していきます。覚えるとリーグや大会をもっと楽しめます!...

 

アジア2次予選

<アジア二次予選の仕組み>

2次予選: 40チームを8組(5チーム×8グループ)に分け、『ホーム&アウェイ』での2試合ずつの総当たり戦(各チーム8試合ずつ)を行います。

「各組1位」8チームと、「各組2位」のうち『成績上位4チーム』の計12チームが3次(最終)予選に進みます。

 

アジア3次予選

<アジア三次予選の仕組み>

3次予選: 12チームを2組 (6チーム×2グループ) に分け、『ホーム&アウェー』での2試合ずつの総当たり戦(各チーム10試合ずつ)を行います。

「各組上位2チーム」が本大会出場権獲得。
「各組3位」は4次予選(アジア地区プレーオフ)に回ります。

 

アジア4次予選(アジア地区プレーオフ)と大陸間プレーオフ

<四次予選と大陸間プレーオフ>

4次予選(アジア地区プレーオフ): 3次予選の「各組3位の2チーム」が、『ホーム&アウェー方式』で対戦。勝者が大陸間プレーオフに出場できます。

 

大陸間プレーオフ:4つの大陸連盟から各1チーム、計4チームが参加。

対戦国同士が『ホーム&アウェイ方式』で対戦。
2試合の総得点の多いチームが本大会への出場権が与えられます。

 

男子サッカーワールドカップ:本大会【グループステージ】

<ワールドカップ本戦グループステージ>

各大陸の予選が終わったら、いよいよ本戦の組み合わせ抽選をします。この抽選は、「開幕戦」をおこなう国以外で、グループ分けをするためのものです。

※FIFAランキング上位国、同じ大陸国が同じグループにならないように配慮されています。

 

32チームが8組(4チーム×8グループ)に分かれ、各組で総当たり戦(合計3試合)を行い、「各グループ上位2チーム」が決勝トーナメントに進みます。

 

男子サッカーワールドカップ:本大会【決勝トーナメント】

決勝トーナメントは16チームによる勝ち残り方式で行われます。

対戦の組み合わせは、1回戦のみ1位通過チームと別組の2位通過チームの対戦となるように組まれます。

 

さらに、ここからは「同じ大陸チーム同士」も対戦するようになります。

それとは別に、「同一グループ同士」は反対側のブロックになるように配置されます。つまり、グループステージで同じ組だったチームは、決勝戦・3位決定戦以外では対戦することはありません。

<例>

 

90分で決着がつかなかった場合、30分の延長戦、それでも決着がつかない場合はPK戦で勝敗を決めます。

また、PK戦の勝敗に関係なく公式記録上は、『両チーム引き分け』となります。

 

女子サッカーワールドカップの場合

「FIFA女子ワールドカップ」は、1991年に第1回大会が行われた、まだ歴史の浅い大会です。

大会の規模は少しずつ大きくなっていて、1995年の第2回大会までは12チーム、2011年の第6回大会までは16チーム、2015年の第7回大会からは24チームが出場するようになりました。

※2011年の第6回大会では、日本女子がアジア初の優勝を果たしました。
※2019年の第8回大会はフランスで開催される予定

 

大会の仕組みは「男子サッカー」と同じく、開催国の代表チームと予選を勝ち抜いた代表チームが本大会に出場します。

 

【FIFAワールドカップの仕組み】まとめ

FIFAワールドカップの頂点を目指すのは、とてもとても長く大変な戦いの連続です。激戦を勝ち抜いた国(チーム)だけが、優勝を勝ち取れます。

ワールドカップアジア予選の仕組み

一次予選(12ヵ国)

二次予選(40ヵ国/一次からの勝ち上がり2ヵ国を含む)

三次予選(12ヵ国)※
うち、4ヵ国が本戦出場決定!

※3位は四次予選→大陸間プレーオフを勝ち抜けば本戦出場

FIFAワールドカップ本戦の仕組み

<グループリーグ>
32ヵ国(4ヵ国×8グループ)の総当たり戦

上位2ヵ国が決勝トーナメント進出

<決勝トーナメント>
16ヵ国で勝ち残り式(トーナメント)戦

最後まで勝ち残れば、優勝!!

 

こうして見ると、本当に長い道のりだということがわかります。
この長い戦いを勝ち抜いてきた各国の選手たち。戦う相手にも敬意を持って、正々堂々と勝利を目指していってほしいものです。

おハナマル
おハナマル
気持ちよく、一緒に「日本代表」を応援していきましょう!

 

 

【サッカーの勝ち点数え方】1回負けても大丈夫!サッカーの「グループリーグ」の順位のつけ方【サッカーの勝ち点数え方】少し複雑に感じるサッカーのグループリーグで採用されている「勝ち点」による勝敗の決め方。基本の数え方、勝ち点が同点になってしまったときの見るべきポイントを詳しく解説しています。...