フレスコボール公式戦への挑戦

【フレスコボール公式戦への挑戦:第二章】お手本を探せ!自分と同じタイプの選手をひたすら研究する – イメージに近づける

どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。

 

フレスコボールでガチの練習を始めて2週間目になりました。

【フレスコボール公式戦への挑戦:第一章】今後に必要なことを見極める - 目標の設定どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。 フレスコボール公式戦を目指すと決...

 

平日にできることといえば、ペアの山根さん(@FreYamayama)と離れていてもできる『筋トレ』『食事改善』『イメトレ(イメージトレーニング)』です。

 

今回はその中でも、『イメトレ』を中心に語っていきたいと思います。

お手本とするべき選手を見つける

『イメトレ』を実践していくには、そのお手本となる選手を見つける必要があります。

特にフレスコボールの場合は、ペアで打っているとはいえ、個人としての動きが重要になるので「自分と似た体格の人」「理想的な動きで最終的に目指したい人」を探すのがよいでしょう。

 

私の場合は、それが日本代表選手の落合真彩さん(@maaya_mtk)でした。

 

落合真彩選手の特徴

まずは、私がよく見ている真彩さんの動画をお見せします。

 

ここから、私が気づいた真彩さんの特徴をあげていきます。

 

①頭がブレない・視線がブレない

真彩さんのプレーは、ボールが横にそれても、体を回転させることがあっても「頭がブレない」「視線がブレない」です。

動画ではわかりにくいかもしれませんが、頭と視線がブレないということは『ボールをしっかり見る』ということができているのです。

 

『ボールをしっかり見る』というのは、簡単にできそうで意外と難しく、私の場合はすぐそのことを忘れてしまい、たまに意識し直して「ボールを見る!」とつぶやいているほどです。

 

ここを、無意識のレベルでできるようになるのが理想です。

 

②膝がやわらかい・背筋をうまく使うことができる

動画のMCの方がおっしゃっているとおり、真彩さんの膝の使い方はとてもやわらかく、あのクッションの感じはマネしたいです。

膝がやわらかいおかげで、低い球でも体を落として拾うことができて、とても安定したプレーをしています。

 

さらにいうと、背筋力がしっかりとあるので、ボールを押し出す力が一定で、そこも安定したプレーにつながっています。

 

③筋力・ラケットの面の向き・フォロースルーのすべてが完璧

この真彩さんの動画を見ていると、フレスコボールには

  • 腹筋・背筋などの筋力
  • ラケットの面の正しい向き
  • 丁寧なフォロースルー

が必要なことがわかります。

おハナマル
おハナマル
私がこの動画をよく見ているのは、真彩さんの動きが完璧に見えるからです!

 

どれか1つでも欠けてしまうと、返るボールは不安定になります。これらをバランスよくおこなえるようにするのが、真彩さんに近づくためには必須だと思っています。

 

そこから見えてくる『自分の課題』

ここまで書いてきて、「いや、真彩さんと同じ動きをするのは無理じゃない!?」と思ってしまっている私も頭の片隅にはいます。

でも、完全にそう思ってしまったら そこで終わり。

 

『イメトレ(イメージトレーニング)』が何のためにあるのか…

 

それは、

イメージと現実の体の動きを近づけていくため

です。

 

落合真彩さんのプレーの特徴と近づくための対策

①頭がブレない・視線がブレない

👉体幹を鍛える

 

②膝が柔らかい・背筋をうまく使うことができる

👉体幹を鍛える・背筋を鍛える

 

③筋力・ラケットの面の向き・フォロースルーのすべてが完璧

👉腹筋、背筋を鍛える

👉プレー時に ラケットの面、フォロースルーを意識する

 

フレスコボールを実際に練習するのはもちろん、まずは筋力アップが必須なことがわかりました。

私の場合、バレーボールなどの経験のおかげでボールへの反応はまあ良い方ですが、ラケット競技の経験がないので、「面の作り方」「フォロースルー」があまり上手くありません。

 

今後の練習では、山根さんと打てないときは『筋トレ』→強化、一緒に練習できるときは『ラケットの動き』→丁寧に形をつくる、というのが課題になっていきそうです。

 

おハナマル
おハナマル
少しでも理想の動きができるように、レベルアップを目指して頑張っていきます!