ロードバイク

【ロードバイク初心者】最低限そろえる道具 – 最初に買うべき道具たち

初めてロードバイクを買うとき、【ロードバイク本体】以外にどんなものを揃えればいいのか、まったくわかりませんでした。

ロードバイクをやっている知人がいれば、聞いて買うこともできますが…

初心者のロードバイクの選び方【決めては予算・身長・直感】ロードバイク初心者、初めてのロードバイク選び。大事なのは、『サイズ』『予算』で、その次に『デザイン』『性能』です。ある意味では直感が大事なので、あまり考えずぎずに楽しんでロードバイクを選びましょう♪...

どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。

 

「ロードバイクをやっている知人なんていないよ」って方もいますよね。
そんなあなたに、私がしっかりと【最低限そろえたい道具】をお知らせしたいと思います。

おハナマル
おハナマル
難しい物はないので、サクっと説明しますね!

最初に買う必要のある道具たち

買った道具一覧
◎ペダル ◎空気入れ ◎サイクルコンピュータ 
◎ライト ◎グローブ ◎ヘルメット ◎鍵 

詳しく見ていきましょう。

①ペダル

ロードバイクは、物にもよるのですが、「ペダル」が付いていないものがあります。なので、ペダルを別途買う必要があります。

ペダルにもいくつか種類があるので、自分の用途にあったものを選びましょう。

 

【フラットペダル】速さを求めないならこれで十分

初心者でガチでレースを始めるわけではなく、とりあえず始めたい方はこの【フラットペダル】でよいでしょう。

【フラットペダル】の特徴は、
◎安い
◎漕ぎやすい

私は、【フラットペダル】を買いました。
ママチャリと変わらない感覚で漕げるので、安心して乗ることができます。

【トゥクリップペダル】や【ビンディングペダル】- 本格的に始めるなら要検討

本格的に速く走りたいなら、ペダルとシューズを繋げることができる
【トゥクリップペダル】
【ビンディングペダル】
が必要になってきます。

 

こちらについては、私はまだ詳しくないので、こちらの記事を参考にしてみてください。
👉ロードバイク・ペダルの種類と選び方 | ロードバイク お悩み解決情報!

 

②空気入れ(仏式バルブ)

ロードバイクの空気入れは、「ママチャリ」とは違うバルブ(空気の入れ口)になっています。なので、それに対応した空気入れが必要です。

こちらが『仏式バルブ』に対応した空気入れです。

タイヤの圧を管理する必要もあるので、このように【空気圧メーター】の付いているものを選びましょう。

 

ロードバイクを始めるときに覚えておきたいこと-ロードバイクの空気入れ【仏式バルブ】ロードバイクの空気入れは「仏式バルブ」というママチャリとは違うものです。意外とわかりにくいロードバイクの空気入れを、わかりやすい画像で解説します。...

③サイクルコンピュータ

私が買ったものは、『速度』『距離』『時間』が計れる
【ワイヤレス式のサイクルコンピュータ】
でした。

初心者で安くすませたい場合は、これで十分です。

 

本格的な【サイコン】になると
◎心拍
◎GPS
◎走行履歴

などが取れます。

用途に応じて、選びましょう。
(※今後、買うことがあれば記事にします)

 

④ライト

ロードバイクには、最初ライトが付いていません。
なので、公道を走るのなら【ライト】を買う必要があります。

ライトには『電池式』と『充電式』があります。
私は、比較的安い【乾電池式ライト】にしました。

 

『電池式』『充電式』の比較は、こちらの記事が参考になるのでご覧ください。
👉自転車用ライトは電池式か充電式どっちが良い?- ESCAPE Airと自転車ライフ

 

⑤グローブ

ロードバイクは、「ママチャリ」とは違ってハンドルがかなり前にあります。

最初なれるまでは、手に体重がかかりがちで、手が滑るととても危険です。滑らないようにするためにも、きちんと【グローブ】をしましょう。

 

【ロードバイクの乗り方】- 初心者が実際に乗ってみて『手とおしりが痛くなかった乗り方』をご紹介ロードバイク初心者の悩み、「お尻が痛い」「手が痛い」。おしりや手が痛くならないロードバイクの乗り方を、初心者が取りやすい対処法で解説します。...

⑥ヘルメット

ヘルメットは実際にかぶってみて、
◎大きすぎない
◎小さすぎない

そして、好きなデザインで選べばよいでしょう。

※一応リンクを貼っておきますが、サイズにはご注意ください。

 

⑦鍵

ロードバイクは高級品なので、鍵はしっかりかけましょう。

鍵もいくつか種類があるので、こちらのブログを参考にしてみてください。
👉鍵の選び方と用途別おすすめの鍵5点-ロードバイク虎の巻

 

早めに欲しい道具たち

上に挙げた道具で、まずはロードバイクに乗れます。ただ、「あるといいな」という道具もあります。

私は、ロードバイク3回練習した時点で初レースに参加しました(笑)

【秋のしもふさクリテ/レディース】30代主婦の大挑戦!ロードバイクレース初参戦体験記「秋のしもふさクリテ」に参加してきました。初心者なりに、とてもレースを楽しめました♪【結論】初心者は早くレースに出てみましょう!...

この時に、
「あってよかったな」
「あったらよかったのにな」
と思ったものが3つほどあったので、予算に余裕がある方は一緒に買っておきましょう。

(1)ドリンクホルダー

私は、【ロードバイクの先輩:けいすけさん(@kei31)】にいただいたのですが、レースに出るのなら、早めに買うことをおすすめします。

※サイズ調整が可能・カラーが選べます。
※私がもらった「ドリンクホルダー」とは種類が異なります。

 

私の場合は、『レース中に水分を摂る』ということはありませんでしたが、単純にドリンクを置いておける所があるだけで、とても楽でした。

 

(2)サイクリングシューズ

シューズを買わなかった私は、普段から履いている『普通のスニーカー』でレースに出ていました。

しかも、【紐】のスニーカーだったので、一度乗っているときに引っかかりそうになって危険な状態に…(転倒やケガはありませんでした)

 

「そこまで本格的なシューズでなくても、せめてロードバイクに適したシューズは欲しいな」と感じたので、早めに準備したいところです。

※こちらのブログが、参考になりそうです。
👉ロードバイクも靴でOK!自転車用のスニーカーを探してみた7選-自転車初心者輪行計画

 

(3)サイクルジャージ

短距離・短時間のレースだったので、私は『普通のTシャツ』で参加しました。特に問題もありません。

おハナマル
おハナマル
ただ、なんとなく
周りの選手たちが【サイクルジャージ】を着ているので、カッコよくてうらやましかったんです!

 

また、長距離レースに出る予定で、『補給食』が必要な場合は後ろにポケットのある【サイクルジャージ】が必要になります。

※男女兼用
※背中部分にポケットあり(補給食や絆創膏を入れられます)

 

最後にもう一度おさらい

3つのおまけをいれて、最低限これだけあれば十分【ロードバイクライフ】を楽しむことができます。

最初に買うべき道具たち

最低限そろえる道具
◎ペダル ◎空気入れ ◎サイクルコンピュータ
◎ライト ◎グローブ ◎ヘルメット

 

☆早めに欲しい道具たち
◎ドリンクホルダー
◎サイクリングシューズ
◎サイクルジャージ

おハナマル
おハナマル
しっかり道具をそろえて
【ロードバイク】を楽しみましょう♪

 

初心者のロードバイクの選び方【決めては予算・身長・直感】ロードバイク初心者、初めてのロードバイク選び。大事なのは、『サイズ』『予算』で、その次に『デザイン』『性能』です。ある意味では直感が大事なので、あまり考えずぎずに楽しんでロードバイクを選びましょう♪...
【ロードバイク初心者まとめ】最初の試練『ロードバイクの乗り降りの仕方』から始まるロードバイク知識ロードバイクの初心者がまず知りたい【ロードバイクの乗り降りの方法】から、ロードバイクの納車~家まで乗って帰るまでの流れをまとめました。乗り方・降り方を知らないと痛い目を見ますよ~...