フレスコボール

【フレスコボールとは?】フレスコボールのルール解説 – 打ち合いが楽しい「フレスコボール」

どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。

 

聞き慣れないスポーツ『フレスコボール』
初めて名前を聞いた方もいるのではないでしょうか。

このページでは、「フレスコボールのルール」を解説していきます。

 

おハナマル
おハナマル
フレスコボール、楽しいですよ~♪

 

この記事の『内容確認』と『写真提供のご協力』を【フレスコボール日本代表】の落合真彩さん(@maaya_mtk)にしていただきました。

真彩さん、ありがとうございました!

【フレスコボール上達への道①】初心者が覚えるべきフレスコボールの『基本姿勢』と『基本動作』どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。 最近、フレスコボールにハマりつつ...

フレスコボールとは…

1945年生まれのブラジルはリオデジャネイロ発祥の、新感覚のビーチスポーツ。

フレスコボールは味方同士でラリーを続けるスポーツ。そのため競争ではなく、協同で行うスポーツと言える。

(参考:日本フレスコボール協会HP

 

『フレスコボール』とは、味方同士でラリーをし、試合時間内のラリー回数やアタック回数、落下回数などを採点していく【採点種目】で、「相手を打ち負かす」というテニスや卓球のような得点を競うスポーツとは違う、ということです。

 

言葉だけではわかりにくいと思いますので、ぜひこちらの動画👇もご覧ください。

 

より本格的な競技を観るなら、こちらの動画👇をご覧ください。

 

フレスコボール:道具はなにを使う?

フレスコボールでは、多くの道具が必要なく、『ラケット2つ』と『ボール』があれば簡単に始めることができます。

 

【ラケット】素材は2種類

卓球よりは少し面の大きい『ラケット』で、素材は「木製」と「カーボン」があります。

※主流は「木製」のようです。

 

それぞれ、打ったときに反発する感覚が違うので、体験する機会があったら 使い比べてみてください。

おハナマル
おハナマル
私は「木製」の方が使いやすかったです!

 

 

【ゴム製のボール】卓球より少し大きく、テニスボールより少し小さい

『フレスコボール』のボールは、ゴム製で卓球の球より大きく、テニスのボールよりは小さいサイズです。

体に当たっても そこまで痛さは感じなかったのですが、プレーした次の日にボールが当たった腕を見ると、跡が赤くついていたので それなりの固さはあります。

 

ネットも専用コートもいらない!

基本的にはビーチでやるスポーツですが、フレスコボールには「ネット」や「専用のコート」が必要ありません。

つまり「ラケット2つ」と「ボール」、打ち合える相手さえいれば どこでもできるということです。

※公園や体育館などの決まりは守った上で楽しんでください。

 

フレスコボール:味方同士でラリーをするってどういうこと?

『フレスコボール』は、テニスや卓球のように目の前にいる選手と得点を競い合うスポーツではありません。

打ち合う相手は「パートナー」であり、味方です。

このパートナーとの、【ラリー回数】【落球回数】【アタック回数】【テクニック】などを加点していく『採点競技』なのです。

 

おハナマル
おハナマル
ラケット競技でありながら、フィギュアスケートと同じ、ということです!

 

加点の方法はいくつかあるので、詳しく見ていきましょう。

 

加点の種類1:総打数(ラリー回数)・落球回数

総打数(ラリー数)は、1打で1点。

落球数は、
0回なら150点加点
1回なら140点加点
以下10点ずつポイントが下がっていき…

18回なら10点加点
19回なら5点加点
20回以上落球すると、これ以上の落球は0点となります。

そして30回落球してしまうと、残り時間があったとしてもその時点で試合は強制終了となります。

 

加点の種類2:アタック回数と「アタックバランスポイント」

アタックは、1打で2点。

さらに「アタック回数」とは別に、パートナーとなっている選手どうしの『アタック回数のバランス』も加点対象となります。

※(アタック数の少ない選手÷アタック数の多い選手)×(ペアの総アタック数÷2)を計算します。

※上の特殊な計算と、「アタックインプレッションポイント(審判の印象点)」を加算したものが、「アタックバランスポイント」となります。

 

また、アタックの定義としては、以下のようになっています。

腕を振り抜き、しっかりとフォロースルーがある打球

打ち返した打球が、前の打球よりも速度がある打球

この2点を満たすもの

日本フレスコボール協会オフィシャルブログより)

 

加点の種類3:テクニカルポイント

試合中の「バックアタック」「股抜きショット」「背面ショット」に、それぞれ以下のポイントが加算されます。

※最大回数は、一人の上限です。

例:股抜きショットなら、
{1人2回まで×5点(計10点)}×2人分=最大20点

 

また、各テクニックの定義は、以下のようになっています。

<バックアタック>
通常のフォアハンドとは逆側でアタックを打つ。

※ラケットをしっかりと振り切り、相手からくるボールより強い打球を返す必要がある。かつ、相手もラリーを続けることが出来て初めて成立する。

<股抜きショット>
ボールを股の間を抜いて打つ。

<背面ショット>
打点を背面で打つ。

(参考:日本フレスコボール協会オフィシャルブログ

 

このように【総打数】【落球回数】【アタック回数(アタックバランス)】【テクニカルポイント】を合計して採点し、その得点を他のペアと競うことで、勝敗が決定していきます。

 

おハナマル
おハナマル
細かい採点方法は少し難しく感じるかもしれないけど、スピードのあるラリーを見るだけでも楽しいです♪

 

【フレスコボール】その他の基本的ルール

ここからは、「採点方法」以外の基本的なルールです。

選手間の距離は『7m』以上
※7m未満になると警告・減点あり

競技時間:5分

③試合中の休憩:試合中に1回(任意のタイミングで60秒)
※休憩中、時計は止まる

④ラリーの終了:
(1)ボールが地面についたとき
(2)ボールが選手・観客・審判の身体に触れた時 ※
(3)ボールが障害物(テント、ネット、椅子など)に当たったとき
(4)試合時間が終了したとき

※手に当たりボールが返球された場合、審判の判断でラリーを止めることもある

(参考:日本フレスコボール協会オフィシャルブログ

 

おハナマル
おハナマル
こちらは、難しいものはありませんね!

 

初心者でもやりやすい「フレスコボール」の簡易ルールはある?

※子供と一緒に『フレスコボール』を初体験したときの写真♪

公式のフレスコボールの大会では、審判4人で
☑総打数
☑アタック数
☑テクニカルポイント
☑試合タイム
を見ます。

初心者や個人で、試合っぽく楽しみたいときにこれらをすべてジャッジするのは、とても難しいです。

そこで、初心者や個人でも楽しめる『簡易ルール』を
【フレスコボール日本代表】の落合真彩(まあや)さん(@maaya_mtk)にお伺いしてみました。

 

落合真彩さん
落合真彩さん
初心者用ルールは、総打数(打った回数)を1打1点、落球数×マイナス2点 のみ合計で出すとわかりやすいと思います。

総打数「100」と落球数「10(10×2=20)」だと
100-20=80点になる計算です。

このときは、「アタックボール」などの細かい部分は無視します。

おハナマル
おハナマル
真彩さん、ありがとうございます!
これなら、初心者でもわかりやすくて楽しめそうです♪

 

【フレスコボールのルール】まとめ

とても簡単に始めることのできる『フレスコボール』

少しでもルールを知っていると、プレーするのも見るのもより楽しめるようになります。

 

フレスコボールのルールまとめ

①道具:ラケット・ボール

②採点競技
☑総打数
☑落球数
☑アタック回数(アタックバランス)
☑テクニック
のポイントを競う

③選手間の距離は『7m』以上
④競技時間:5分

⑤簡易ルールを使って、初心者でも楽しめる

 

おハナマル
おハナマル
試合をしなくても、ただ打ち合うだけでも楽しいので、ぜひ「フレスコボール」やってみてくださいね!

 

 

【フレスコボール上達への道①】初心者が覚えるべきフレスコボールの『基本姿勢』と『基本動作』どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。 最近、フレスコボールにハマりつつ...
【フレスコボール上達への道②】基本に忠実に - ボールをしっかり見る/手首は固定-そしてさらなるスキルアップを目指してどうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。 フレスコボールにガチモード入りつ...