アスリートの発信を応援!

アスリートのための「ブログで見やすい文章の書き方」- あなたの文章は小学生でも理解できますか?

どうも、おハナマル☆スポーツ運営者のおハナマル(@sportsohanamaru)です。

 

今まで、さまざまなアスリートの方のブログを読ませていただいて、少し厳しいお話をしたいと思います。

それは

あなたの文章は読みにくい…

おハナマル
おハナマル
すみません

 

もちろん、読みやすい方も中にはいるとは思います。

それでも「何を言いたいのか わからない」「専門用語が多すぎる」など、読みにくい方が多いです。

それでは、結局のところ自分が伝えたいことを伝えることができません。

 

そこで今回は、文章が上手になりたいと思っているアスリートのあなたのために、「ブログで見やすい文章の書き方」をまとめていきます。

最初に「結論」を決める

読みやすい文章にするために一番よい方法は、文章を書き始める前に「結論」を決めてしまうことです。

  • 自分の○○という考えを伝える
  • ○○を理解できるように内容をまとめる
  • 〇〇の魅力を伝える

 

私のブログ内の記事で言えば、
☑「子供の習いごと」についての考えを伝える
⇒「長男がサッカーチームを辞めた

☑フレスコボールのルールが理解できるように内容をまとめる
⇒「フレスコボールのルール解説

☑アスリートの魅力を伝える
⇒「セパタクロー選手 玉置大嗣さんのご紹介&応援!

 

結論を先に決める理由は、書くべき内容をはっきりさせられるからです。

 

そのときに大事なのは、
余計なことは書かずに【ストレート】に伝えたいことを書くこと。

 

『想い』が大きいと、伝えたいことはいろいろと出てくるとは思いますが、この最初に決めた「結論」に関すること以外を書かないようにすることが、文章全体を読みやすくしていくことに繋がります。

(もし、どうしても「書きたい!」と思うのなら、別記事で書きましょう)

 

「見出し」を決める

結論を決められたら、次にそこに繋がる「見出し」を決めていきます。

  • ストーリー性のある文章なら『時系列』
  • 解説系・ノウハウ系なら『知りたい順番』『理解のしやすい順番』
  • 魅力を伝えたい文章なら『ドラマティック性』

 

結論に繋がるまでに矛盾しない・わかりやすい順序を考えていきます。

どうしても「見出し」の順番を決めるのが難しい場合は、最初に決めた結論とは別に【小さい結論】をいくつか考えて、細かく考えていくとよいでしょう。

 

使う言葉は「小学生でもわかる言葉」で

結論・見出しが決められたら、あとは中の文章を書いていくだけです。

実は、この「結論」「見出し」の構成さえしっかりとしていれば、そこまでわかりにくい文章にはならないはずです。

 

文章を書くときに意識することは、ただひとつ。

小学生でもわかる文章になっているか

 

アスリートがやりがちな文章のミスをまとめると

  • 身内ネタを使ってしまう
  • 専門用語を使ってしまう
  • 「それくらいはわかっているだろう」と思って書いてしまう

 

「ドキッ!」としたあなたは、今からでも文章を見直してみましょう。

 

あなたの文章は、初めて読んだ人でもわかるように書かれていますか?

専門用語のオンパレードになっていませんか?用語の補足は入れていますか?

誰でも知っているという思い込みをしていませんか?

 

今から書く文章は「小学生でもわかる言葉」で、難しい言葉・遠回しな表現を使わないものにしていきましょう。

 

おハナマル
おハナマル
ここまでが基本です。
まずはこの基本をしっかりとできるようになりましょう

 

【中級編】自分の想いをぶつけたいとき

基本的には、私は上のような方法で文章を書いています。

ただし例外もあって、それは「自分の想い」をぶつける文章を書きたいときです。こういうときは、気持ちが先走ってしまうので、冷静に書くことができません(笑)

 

ここからは、そういうときにどうするかをまとめていきます。

 

①文章の読みやすさを考えずに書きなぐる

気持ちが先走っていますので、まずは本当に細かいことは何も考えずにガーっと想いを書きなぐっていきます。

文章のつながりや、言葉のわかりやすさも考えません。

 

結論すらも考えずに書いているので、最初はぐちゃぐちゃな文章ですが、それでもいいので最後までとりあえず書ききりましょう。

 

②伝えたい相手をひとりに決める

最後まで書けたら、この文章を誰に伝えたいのかを考えましょう。

 

私のブログでいうと「長男がサッカーチームを辞めた」の記事が、この書き方をした文章です。

最初は怒りや悔しさが先行していて、とてもぐちゃぐちゃな文章でしたが、「子供が習い事を楽しめてないことを悩んでる親」に向けて書き直そうと決めたら、とてもキレイに文章をまとめることができました。

 

身近な人・イメージ上の人、
どんな人でもいいので、「このひと」という一人を決めて書き直してみましょう。

 

③言葉をわかりやすく整える

ここまできたら、基本の書き方と同じです。
「小学生でもわかる言葉」を意識して、わかりやすく整えていきましょう。

 

「ブログで見やすい文章の書き方」まとめ

ここまでしっかり読んでいただけていれば、そんなに難しいことはなかったことがわかると思います。

「ブログで見やすい文章の書き方」まとめ

1、最初に「結論」を決める

2、「見出し」を決める

3、使う言葉は「小学生でもわかる言葉」で

 

【中級編】自分の想いをぶつけたいとき

①読みやすさを考えずに想いを書きなぐる

②伝えたい相手をひとりに決めて、書き直す

③言葉はやっぱり「小学生でもわかる言葉」で。全体を見直し整える

 

文章で自分の考えや想いを書いて、それを読んでもらえるというのは、本当にとても楽しく嬉しいものです。

おハナマル
おハナマル
たくさんの人に言葉が届くように、これからも楽しみながら文章を書いていってくださいね!